« 猛攻撃に耐える。の巻 | トップページ | マルチタスク&アナログ »

2006.06.04

”偏見”というもの...

”自分と彼らは違う。”

先日、ある利用者さんがおっしゃった言葉。
このようにこれまで自分と他の人は違うと
アピールされたことはあったけれど、
その後、

”彼らとは本当の友人にはなれない。”
”ハッキリ言えば彼らはキ○○イでしょ。”

と、放送禁止用語とされている言葉を発言されて。

社会復帰施設の利用を必要とされる方は
一般的に統合失調症の方々が多いのだけど、
その方は疾病が違い、際立つ精神症状はない。

このところ調子を崩されている方が増え、
目の当たりにしてきてより自分との違いを感じたそうだ。

そのような発言が出た経緯として
他の利用者さんとのトラブルやわだかまりがあったことも考慮して
その辺は汲み取らなくてはいけないけれど。

それに社会的に偏見が多いことはわかっている。
いちいちその度に腹を立てていたのではどうしようもない。

頭ではわかっている。
そのときは黙って話を聞いていたけれど。
こんな身近に接していた方に顔を合わせて言われると
カチンときた半面、切なさがこみあげてきた...


さらにこんな話も思い出す。

病棟で働かれていたベテランの方も以前こうおっしゃっていた。
精神科と言えどもいろいろな疾病の方が入院していて。

患者さんの中でもピラミッドのような上下関係が
自然と作り上げられるという。
アルコール・薬物依存、人格障害の方は
統合失調症の方を見下したり、操る傾向にあるのだという。


病院の内外に関係なく
”偏見”というものはどこにでも存在する...

そもそも”偏見”の定義って?
それをいったらきりがないくらいで。

過保護・優しさ・哀れみの思いということが
逆に偏見となり得るという話もあったり。
ワタシも知らぬうちに偏見とされる言動をしているかもしれない。


mixiのコミュ「ココロのバリアフリー」
”偏見”についていろいろご意見をいただいているので
mixiに登録されている方はご覧になったり、
ご意見をいただけたらと思います。↓

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5176127&comm_id=512816


へなちょこがちゃぴん。のつぶやき...
ポチッとしていただけると励まされます~♬(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

|

« 猛攻撃に耐える。の巻 | トップページ | マルチタスク&アナログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/2069167

この記事へのトラックバック一覧です: ”偏見”というもの...:

« 猛攻撃に耐える。の巻 | トップページ | マルチタスク&アナログ »