« 保険の切り替えにご用心。 | トップページ | ”偏見”というもの... »

2006.06.03

猛攻撃に耐える。の巻

お仕事のつぶやき。

ちょっと大変だった見学について。
思ったことを正直に口にしてしまうご家族で。
喧嘩を売りに来たのかと思ったことが...

入る気がないのに見学を勧められて渋々見に来たそうなので
いたしかたのないことかもしれないけれど。
スタッフであるワタシに面と向って
施設に対しての暴言を吐き捨てられていたのがお母様。
うーん。ご本人だったらゆるせるんだけど...

何かを説明するとその都度反発され、
まるでワタシを敵視しているかのような猛攻撃...
そして、順を追って説明する予定のことを
先走り先走りで質問攻め。

一向に説明がすすまず、しびれを切らせて
利用される気がないのは存分にわかったので、
まずサラッと説明をさせていただいてから
まとめて質問していただけるようにお願いをしたのだけど。

それでも途中で説明が遮られたので、
ひとまず話を聞こうとご家族のうちの1人が
間に入ってくださり助かった...

最初は噛み付くようなお母様の攻撃に苛立ちながらも
割り切って力を抜いて説明したり、
話を受容する方向にもっていったら少し和らいでくださって。

最後には丁重に
「悪い意味ではなく、いろいろな意味で勉強になった」と
礼(皮肉?)を言われて帰られたので良かったとしますか...

確かに言葉は悪かったけれど、
施設に対しての印象だとか感想を言ってくださったので。
そこは重く受け取って修正していく必要があるかを
検討してみたらいいのかなと、冷静になった今だからこそ思ったり。

いろいろお勉強になります。

へなちょこがちゃぴん。に励ましを~...!
ポチッとしていただけると励まされます~♬(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

|

« 保険の切り替えにご用心。 | トップページ | ”偏見”というもの... »

コメント

おじゃまします。
初めて、がちゃぴんさんの仕事を少しだけ感じました。精神保健福祉士っていう仕事の内容が今ひとつわかっていないルパン。
人間相手の仕事は大変なこともあるけど嬉しかったり楽しかったりすることもあるものです。
こんな励まししか出来ませんが、がんばってくださいね。

投稿: 厚木のルパン7世 | 2006.06.04 11:06

どうもです(^▽^)ノ

家族の方も大変な思いをされて日々過ごされているだろうからねぇ。普通なら子が大人になって独り立ちしたら、第二の人生を楽しむ。でも障がいを持った子が出たら残りの人生を捧げて生きていかねばならない、第二の人生の楽しみなんてないんだよね。もう子のことしか人生の価値を見いだせないと言ってもいいぐらいかも。だから施設にもそれだけ求めるものが多くなるのかもね。
辛いねぇ。そういう意味でも家族会の果たす役割って大きいよね。家族のセルフヘルプグループだもんね。
…っとはいえ、がちゃぴんさんにそれをぶつけられても困るよね(^^;)

投稿: はじ銀 | 2006.06.04 12:06

「関係性の病」と称されることの多い精神疾患。

往々にして、家族関係や家族成員が病んでいるケースを色々な立場から見てきました。社会の最小単位である家族の難しさを思いしらされますねぇ。

施設に対して強烈な不信感を抱いているようだったお母さんは、他所で嫌な思いをしてきたのか、はたまたそういう風にしか人と接することができない人なのか謎ですね。

投稿: 兄貴 | 2006.06.04 14:50

★ 厚木のルパン7世さん ★

こちらへのご訪問ありがとうございます。
そうですネー。難しさや辛いこともありますが、
それに負けないくらいの楽しいこと・やりがいがあります!
これからも日々邁進です。


★ はじ銀さん ★

はじ銀さんがおっしゃるお子様への思いが強いために
求めるものが多いのもあるでしょうし、
あとは元ヤン一家ということもあって
容赦しないものの言い方だっのかもしれません...


★ 兄貴さん ★

家族の難しさもあったように感じられます。
主治医・病院PSW・施設...
関わるものすべてに不信感をあらわにされていました。
簡単に人を信用できない何かがあるのかもしれません。
元ヤン一家とのことなので、そこに何かが隠れている気もします。

投稿: がちゃぴん。 | 2006.06.04 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/2059296

この記事へのトラックバック一覧です: 猛攻撃に耐える。の巻:

« 保険の切り替えにご用心。 | トップページ | ”偏見”というもの... »