« 本県男性自殺死亡比 全国の2倍超 他 | トップページ | うつ病デイケア長期患者に効果 他 »

2006.07.23

他人の振り見て我が身を直せ。

今回はワーカーのお話。


お仕事柄、生活保護・保健所・病院...etc.の
ケースワーカー・PSW等、
いろいろなワーカーさんとお会いしたり連絡を取って、
施設の入退所時にケースの引継ぎをしたり、
援助過程で相談をさせていただく。



そんなワーカーさんも人間。
やはり十人十色。

利用者さんに信頼されて寄り添う形の方もいれば、
事務的にこなす方もいる。

積極的にその方のために動いてくれる方もいれば、
人任せな方もいる。



ワタシは”利用者さんに信頼されて寄り添う形”で
人と人との関わりを大切にしながら、
相手のために動いていける形を理想としたい。


なので。

”他人の振り見て我が身を直せ”
言葉はあまり良くないかもしれないけれど。


これはいかがなものか?というときは
そうならないよう自分も気をつけなくちゃ!と。

この方、すばらしぃ!と思ったときには
参考にさせていただこう!と。



3年経とうとする今、
自信がついた部分もあるけれど
ワタシにはまだまだ足りないものがたくさん。

まだまだシッカリしていない。
判断力・実行力に欠ける。


いつものアイコトバ。

日々邁進。


へなちょこがちゃぴん。に励ましを~...!
ポチッとしていただけると励まされます~♬(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

|

« 本県男性自殺死亡比 全国の2倍超 他 | トップページ | うつ病デイケア長期患者に効果 他 »

コメント

「日々是決戦」(ひびこれけっせん)
そんなワーカーも、居ても良い。

投稿: 当事者 | 2006.07.24 16:13

↑いちばん接しにくい”ワーカー”の例え。

投稿: 当事者 | 2006.07.24 16:19

…はじめまして…

いつもブログを拝見させて頂いてマス。
ボキは、弘前市で『HEVENS☆CLUB』当事者活動団体をしているの代表をしています。

団体と言ってもまだ、チッポケなものですが…
県内にある当事者活動グループとは、活動内容が全く違うスタンスで活動をしています。

今年度から、制度改正で、障害者にとっては大変厳しくなり、また、医療、施設、行政機関は、従来の補助金の埋め合わせを、どうしようか…?っていうのが現実です。

障害者に…
『あいまいな事を言ったり、
後でどうにでも言い逃れできる人(大人)』
にはならないで、PSWとして、相談者のニーズに答えれる様に
行政機関やいろんな立場でも、
また誰に対しても
『強ィPSW』になって下さい。

そして、あいまいな行政と、ふぬけた障害者関係者に1発!カウンターを食らわせるために、
一緒に頑張りませんか?

『HEVENS☆CLUB』の公式オフィシャルホームページを見て参考にして、『HEVENS☆CLUB』の活動を理解してご協力してくださる様、お願いします。
連絡お待ちしています。

『HEVENS☆CLUB』 代表 峰 孝史

投稿: KY☆TA | 2006.07.24 23:32

○● 当事者さん ●○

「日々是決戦」ですか。

そればっかりでは接しにくくなるかと思いますが、
ときには決戦も必要なときもありますよネ☆

投稿: がちゃぴん。 | 2006.07.30 13:59

○● KY☆TAさん ●○

はじめましてです。
ご訪問&コメントありがとうございます。

『強ィPSW』になれたらいいのですが...
自分はまだまだです。がんばります。

すばらしい活動をされていらっしゃるのですね。
具体的なお手伝いはなかなか難しいと思いますが、
陰ながら応援させていただきます。

投稿: がちゃぴん。 | 2006.07.30 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/2767079

この記事へのトラックバック一覧です: 他人の振り見て我が身を直せ。:

» オンリーワンであるために。 [今日はゆっくり話そう-Let's talk slowly today-]
福祉の職員、ソーシャルワーカー、Dr,いろんな人と出会ってきたけど良い人もいれば悪い人もいた。 [続きを読む]

受信: 2006.07.25 22:57

« 本県男性自殺死亡比 全国の2倍超 他 | トップページ | うつ病デイケア長期患者に効果 他 »