« 精神科医の介入で自殺予防 他 | トップページ | Turning Point (2) - 自責の念と心の糧 - »

2006.08.12

Turning Point (1) - 一通の封筒 -

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○


約4年前。

ある日届いた一通の封筒。
それは、田舎の家庭裁判所からだった。
瞬間的に父の関係だと察し、
嫌な予感がした。
そして、
その予感は、的中...
突然のことで頭が真っ白になる。
既に約十年近く経っている。
今、自分に何ができるのか、
どうにかできるのものなのか。
まったくわからなかった。
一向に答えは出ず、手当たり次第調べた。
その際、”精神保健”についても触れたものの、
必死だったので興味を持つ余裕なんて
まったくなかった。
この封筒がワタシのその先の人生を
大きく変えるものとなるとも
このときには思いもせずに必死にあがいていた。
一通の封筒の内容では詳しいことが
事情が全くわからなかった。
封筒を送ってくれた担当者に電話をすると、
概要は教えてくれたが、
詳しいことまではわからず。
親戚を尋ねに行こうと、心に決めた。

 
  
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○

To be continued.  >>>  Turning Point (2)


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« 精神科医の介入で自殺予防 他 | トップページ | Turning Point (2) - 自責の念と心の糧 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/3025836

この記事へのトラックバック一覧です: Turning Point (1) - 一通の封筒 -:

« 精神科医の介入で自殺予防 他 | トップページ | Turning Point (2) - 自責の念と心の糧 - »