« 看護のための精神医学 第2版 | トップページ | 精神科医になる―患者を“わかる”ということ »

2006.10.30

援助者必携 はじめての精神科

お勉強のために読みたい、気になる一冊を探して
ちまちまと、みなさまにもご紹介。


援助者向けアドバイス集で、
ラクになる言葉、役に立つヒントがあるというところに
惹かれたこの一冊。


援助者必携 はじめての精神科 Book 援助者必携 はじめての精神科

著者:春日 武彦
販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する


患者や患者家族とどのように接していけばよいか、精神科医が自身の経験を交えながらまとめた援助者向けのアドバイス集。
統合失調症や人格障害などの主要な疾患について、疾患概念や症候を解説。実践的に活用できるQ&A集もある。


その他、気になる本のリストはコチラ。↓


がちゃぴん。の気になる一冊リスト
http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/byauthor/
AJHNNX6SPMUH4/ref=cm_pdp_lm_seeAll/503-5571673-6355943



少しでもお役に立てましたら
ポチッとしていだけるとウレシイです。(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« 看護のための精神医学 第2版 | トップページ | 精神科医になる―患者を“わかる”ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/4011607

この記事へのトラックバック一覧です: 援助者必携 はじめての精神科:

« 看護のための精神医学 第2版 | トップページ | 精神科医になる―患者を“わかる”ということ »