« 援助者必携 はじめての精神科 | トップページ | みえるわかる 対人援助の基本と面接技術 »

2006.10.31

精神科医になる―患者を“わかる”ということ

お勉強のために読みたい、気になる一冊を探して
ちまちまと、みなさまにもご紹介。


わかりたい。
わかるためのヒントを得たい。

対人関係の原点ということで、ぜひ読んでみたい一冊。


精神科医になる―患者を“わかる”ということ Book 精神科医になる―患者を“わかる”ということ

著者:熊木 徹夫
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


精神科医は患者が病気であることを本当に証明できるのか。病気か“甘え”かをどこで見極めるのか。精神科医療において一人の患者にカウンセリングと薬を処方しての治療が同時に行なわれるのはなぜか。
本書は精神科に勤務する著者が、臨床の現場で行き当った疑問に一つ一つ立ち止まり、本当の「精神科医」になるために重ねた思索の結晶である。
現代の精神科医療が抱える問題を掘り起こし、対人関係の原点を見つめる。


その他、気になる本のリストはコチラ。↓


がちゃぴん。の気になる一冊リスト
http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/byauthor/
AJHNNX6SPMUH4/ref=cm_pdp_lm_seeAll/503-5571673-6355943



少しでもお役に立てましたら
ポチッとしていだけるとウレシイです。(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« 援助者必携 はじめての精神科 | トップページ | みえるわかる 対人援助の基本と面接技術 »

コメント

アマゾンのレビュー、読みに行ってみます。
本の紹介ありがとうございました。

投稿: なおき | 2006.11.04 21:56

○● なおきさん ●○

なおきさん、はじめましてです。
ご訪問&コメント、ありがとうございました。

ワタシもまだ読んでいないものばかりなので
読み終わったらきちんとレビューしたいと思います。

投稿: がちゃぴん。 | 2006.11.07 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/4022298

この記事へのトラックバック一覧です: 精神科医になる―患者を“わかる”ということ:

« 援助者必携 はじめての精神科 | トップページ | みえるわかる 対人援助の基本と面接技術 »