« 「退院支援施設」情報収集 | トップページ | (1)流転 »

2006.10.01

退院支援施設にクローズアップ。

Sn370017少し窓を開けたら
ひんやりとした風。

一日家の中にいたので
この程度しか感じませんでしたが、
肌寒いくらいだったようですネ。

もうすっかり秋の気配。

退院支援施設。

頭のワルさから、なかなか良し悪しの判断をするまでも
理解ができてないー。。。

なので。
集めた情報の意見を元手として少しずつ探ってみることに。
(記事:「退院支援施設」情報収集 も合わせてどうぞ)


意見①
”力を入れるべき本来の重点施策は、公営住宅の活用、
民間アパートの保証人確保、地域でのグループホームの設置など
地域生活の基盤や仕組みづくりを整備するべき。”


現・生活訓練施設でも地域の資源が少なく、
退所時に困っているのが現状。ごもっともなご指摘。


意見②
”職員の資格も必要なく、職員数も少なくなり、支援が手薄に”

資格のことは明記されておらず、手薄だと思われて当然かな、と。
精神保健福祉士はどこに行っちゃったんだろう?


意見③
”精神障害者の「ついの住みか」になってしまうことが懸念される。”
”入院している状況と変わらず名目のみの退院となるのでは?”

上記のことと病院・施設間での回転ドア状態は
絶対に避けなけれならないこと。
この懸念がある限り、反対は避けられない。


自立支援法成立時も感じたけれど、
またしても見切り発車をしようとしているようにみえる...
延期になってよかったのでは。

パブリックコメント等の意見・指摘を受け止めて、
じっくり対策を練ったり、検討していただきたいところ。


病院により運営されている生活訓練施設は
退院支援施設と似通った部分もあり、
施設で働く立場として、耳が痛い話でもあって。

働いている身としてこんなこと言うのもなんだけど...
正直、病院から近すぎると地域との距離を感じることがあって。
地域に近いところでの援助が望まれるのはわかる。

本当なら一番理想的なのは、施設に頼らないで支援を受けながら
地域で安心して暮らせる仕組みが必要なんだろうけれど。
現段階ではまだまだ難しい状況。

そして現実問題、施設利用のニーズがあることも確か。
既存の施設としては仕組みができるまで
代役を担うべく使命を果たしながらニーズに応えていかなくては。


ない頭を振り絞って
こんなことあんなことを考えてみたけれど、
最後はコジツケっぽい...


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« 「退院支援施設」情報収集 | トップページ | (1)流転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/3653858

この記事へのトラックバック一覧です: 退院支援施設にクローズアップ。:

« 「退院支援施設」情報収集 | トップページ | (1)流転 »