« 双極II型障害 他 | トップページ | 精神科リハビリテーション・ケースブック »

2006.11.19

境界性人格障害(BPD)のすべて

お勉強のために読みたい、気になる一冊を探して
ちまちまと、みなさまにもご紹介。


より援助の難しさを感じる、 境界性人格障害(BPD) 。
援助を求める方が増えてきています。

きちんとした対応・援助をしていかなければ
相手の方も辛いし、援助する側も辛い...

だからこそ、きちんと知っておきたいところです。


境界性人格障害(BPD)のすべて Book 境界性人格障害(BPD)のすべて

著者:星野 仁彦,ジェロルド・J. クライスマン,ハル ストラウス
販売元:ヴォイス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「21世紀はパーソナリティ障害の時代」と言われている。「他の障害の合併症」としても頻出するBPDは、実はその当事者が非常に多い障害。感情が不安定。怒りと親密さを短時間に行き来する。ベクトルが内部に向けば自傷行為、外部に向けば激しい怒り。本人も周囲もへとへとになってしまうBPDの原因から実践的コミュニケーション法にいたるまで、BPDのすべての疑問に答えた米国ロングセラー良書。福島学院大学星野先生のわかりやすい巻末解説付き。


その他、気になる本のリストはコチラ。↓


がちゃぴん。の気になる一冊リスト

http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/byauthor/
AJHNNX6SPMUH4/ref=cm_pdp_lm_seeAll/503-5571673-6355943



少しでもお役に立てましたら
ポチッとしていだけるとウレシイです。(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« 双極II型障害 他 | トップページ | 精神科リハビリテーション・ケースブック »

コメント

境界性人格障害はすごくかかっている人が多いにもかかわらずなかなか理解しにくいものですよね。自分も先日「こころのりんしょうアラカルト」という雑誌の特集で読んで少し分かったかなというところです。これは周囲の人も巻き込むからなおさら理解が必要な病気(といっていいのかな)だと思います。

投稿: なんちゃん | 2006.11.26 23:48

○● なんちゃん ●○

医療機関にかかってない方も含めると
境界性人格障害の方はかなり多いようですね。
理解がないとやっかいものとして排除されてしまったり、
周りの人も振り回されて共倒れになってしまうこともあります。
おっしゃるとおり、お互いの幸せのために
一般知識として知っておく必要はあるかと思います。

投稿: がちゃぴん。 | 2006.12.03 17:42

はじめまして。私は境界性人格障害と診断された者の家族です。本も少し読んだりして、いい方法があれば‥と思いましたが、本当に、本当に難しいです。私が幼い頃から、家庭内暴力あり、何で怒り出すかわからない為、ビクビクしながらの生活、家庭内はメチャクチャでした。今も、少しカタチは違うものの、日々、心の安らぎのない生活は続いています。アメリカなどは、そういった患者をもつ家族に対するケアや、集まりみたいなものもあるようですが、日本にはないのでしょうか。 とても必要性を感じるのですが。

投稿: にがつ | 2007.02.12 02:19

○● にがつさん ●○

にがつさん、はじめましてです。
お返事が遅くなり、ごめんなさい。

BPDは治療も困難で、専門的に治療・ケアできる
体勢が整っている病院も少ないと聞きます。
統一した対応が必要で相当のパワーを使うので
周囲の方のご苦労は量りきれません。

家族ケアや集まりはわからないのですが、
以下のサイトが参考になればと思い、
リンクをはらせていただきました。

境界性人格障害
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/border0.html

家族カウンセリングルーム
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/borderfam.html

境界性人格障害(境界例)
非境界性人格障害の方の為のフォーラム
http://bpd.alphabrend.net/

投稿: がちゃぴん。 | 2007.07.08 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/4244316

この記事へのトラックバック一覧です: 境界性人格障害(BPD)のすべて :

» 妻は朝からハイテンション [精神疾患な毎日]
境界性人格障害(と思われる)妻と、昨日は久しぶりに出かけました。4日以上寝込んでいたので元気が出たようです。 今日は、朝早くから起きて朝ご飯を作ってくれました。私より早く起きてくれるのは、このところ1年に何回あるかです。感謝です。それから、掃除・選択・片づけをしまくっています。ありがたいのですが、ハイテンションのとき、歯止めが利かないので、どこかで急に疲れてしまうのが心配です。でも、「ちょっとゆっくりやったら」などと言うと、急に気分が変り「悪い子」になる可能性も高いですから、こういう時は成り行きを... [続きを読む]

受信: 2007.03.19 09:33

« 双極II型障害 他 | トップページ | 精神科リハビリテーション・ケースブック »