« みえるわかる 対人援助の基本と面接技術 | トップページ | 「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践 »

2006.11.08

対人援助の技法―「曖昧さ」から「柔軟さ・自在さ」へ

お勉強のために読みたい、気になる一冊を探して
ちまちまと、みなさまにもご紹介。


柔軟さと自在さ。
ワタシにはまだまだ足りないもの。

読んでお勉強したい一冊。


対人援助の技法―「曖昧さ」から「柔軟さ・自在さ」へ Book 対人援助の技法―「曖昧さ」から「柔軟さ・自在さ」へ

著者:尾崎 新
販売元:誠信書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


援助という仕事の本質は「曖昧さ」「多様さ」にある。援助は、これらの本質を大切にして初めて技術や専門性を育てることができる。本書は、これらの援助の本質を踏まえ、援助が「創意工夫」の許される仕事であり、そこに「自在さ」という面白さが生まれる可能性を示唆する。


その他、気になる本のリストはコチラ。↓


がちゃぴん。の気になる一冊リスト
http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/byauthor/
AJHNNX6SPMUH4/ref=cm_pdp_lm_seeAll/503-5571673-6355943



少しでもお役に立てましたら
ポチッとしていだけるとウレシイです。(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« みえるわかる 対人援助の基本と面接技術 | トップページ | 「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/4104322

この記事へのトラックバック一覧です: 対人援助の技法―「曖昧さ」から「柔軟さ・自在さ」へ:

« みえるわかる 対人援助の基本と面接技術 | トップページ | 「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践 »