« 「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践 | トップページ | パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか »

2006.11.10

ケースワークの臨床技法―「援助関係」と「逆転移」の活用

お勉強のために読みたい、気になる一冊を探して
ちまちまと、みなさまにもご紹介。


「逆転移」の活用、とても興味があります。
社事大のスクーリングで講義を受けて勇気付けられた
尾崎先生の著書。


ケースワークの臨床技法―「援助関係」と「逆転移」の活用 Book ケースワークの臨床技法―「援助関係」と「逆転移」の活用

著者:尾崎 新
販売元:誠信書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する



本書は、「ケースワーク」と呼ばれるソーシャルワークの臨床技法についてのべたものである。しかし、「個別化」「受容」「傾聴」などの援助原則、あるいは援助態度からケースワークを検討するのではなく、「援助関係」と「逆転移」を中心に、新たな観点から臨床技法を論じようとしている。


その他、気になる本のリストはコチラ。↓


がちゃぴん。の気になる一冊リスト
http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/byauthor/
AJHNNX6SPMUH4/ref=cm_pdp_lm_seeAll/503-5571673-6355943



少しでもお役に立てましたら
ポチッとしていだけるとウレシイです。(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« 「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践 | トップページ | パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/4104576

この記事へのトラックバック一覧です: ケースワークの臨床技法―「援助関係」と「逆転移」の活用:

» 逆転移について [発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版]
逆転移について過去にミクシで色々と書いたので、今回はそれをまとめました。 [続きを読む]

受信: 2006.11.11 09:11

« 「ゆらぐ」ことのできる力―ゆらぎと社会福祉実践 | トップページ | パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか »