« パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか | トップページ | 救急精神病棟 »

2006.11.12

(15)ACT(上)

Sn370097秋の夜長にコラムでも。


すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。


ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。



・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(15) A C T (上)  (2006年9月30日)

チームで「暮らし」支援 独自のケア体制で入院防ぐ

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


患者の生活の場に出向くアウトリーチ支援が特徴。
24時間365日、携帯電話でスタッフにつながり、「危機対応」もする。


ACT=「包括型地域生活支援プログラム」。

重い精神障害を抱えた人が地域で暮らせるように、
チームでサービスを提供するもの。


「大切なのは形ではなく、『地域で支える』という根っこの考え方。
まず、それを理解していく必要がある」


地域で支えていくシステムが備わっていれば、
これまでは地域で暮らすことが難しかった方たちも暮らせる。

でも、簡単にできることではなくて。
国であったり、県や市町村など、
地域全体で支えることについて理解していく必要がある。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか | トップページ | 救急精神病棟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/4159949

この記事へのトラックバック一覧です: (15)ACT(上):

« パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか | トップページ | 救急精神病棟 »