« 精神科リハビリテーション・ケースブック | トップページ | 全精社協関東ブロック研修会 »

2006.12.03

ひとりひとりの人―僕が撮った精神科病棟

お勉強のために読みたい、気になる一冊を探して
ちまちまと、みなさまにもご紹介。


精神科病棟の人々の写真集。
この写真集を見た方のレビューに以下のようなものがあります。

精神病院への恐怖や偏見がするりと取れる一冊です。掲載されている方の笑顔をみると、不思議とこころがほんわかします。

読み進めていると、自分のなかで何かが変わっていくのを感じると思います。精神障害者(それも入院患者)に対する偏見が、どんどん消えていきます。彼らが恐くなくなります。そしていかに人間味に溢れた人たちであることが、「わかります。」

こんなふうに、少しでも偏見が薄れるように...
多くの方に見ていただきたい一冊。
 

Book ひとりひとりの人―僕が撮った精神科病棟

著者:大西 暢夫
販売元:精神看護出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

笑顔の絶えない人、愛想のない人、しゃべり続ける人、文句ばかり言う人。100人いれば100通り。「普通の人」ってどんな人なんだろう…。
月刊誌『精神科看護』のグラビア取材を通して出会った、精神科病棟の人々の写真集。



その他、気になる本のリストはコチラ。↓


がちゃぴん。の気になる一冊リスト

http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/byauthor/
AJHNNX6SPMUH4/ref=cm_pdp_lm_seeAll/503-5571673-6355943



少しでもお役に立てましたら
ポチッとしていだけるとウレシイです。(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

|

« 精神科リハビリテーション・ケースブック | トップページ | 全精社協関東ブロック研修会 »

コメント

はじめまして。素敵な写真集でした。キャプションも温かくて。ご紹介ありがとうございました。

投稿: らた | 2006.12.10 16:44

はじめまして。
ひょっとして、「DAYS JAPAN」でルポされていた写真でしょうか?

鬱病になって10数年、先日まで初めて入院を経験し今は自宅療養中です。

精神科の閉鎖病棟の暮らしは、つらいことも多かったけど、いい環境を与えていただいたと思っています。

投稿: daisaku | 2006.12.22 23:38

この写真集は自分も気になったので買って持っています。ブログでもコメントはつけていないのですが、紹介しています。

見ているだけで何かを語りかけてくる写真集ですよね。

投稿: なんちゃん | 2006.12.23 22:57

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


○● らたさん ●○

はじめましてです。
ご訪問&コメント、ありがとうございました。

こういう写真集で少しでも偏見が薄れればよいなぁと思います。


○● daisakuさん ●○

はじめましてです。
ご訪問&コメント、ありがとうございました。

病院生活は決して満足できるものとは言い難いですよね...
多くの方にこの写真を見ていただき、
何かを感じていただけたらいいなと思います。


○● なんちゃんさん ●○

この写真集を持っていらっしゃるのですネ。
多くの方に見て頂いて、少しでも偏見の気持ちが
薄れてくれればよいなぁと思います。

投稿: がちゃぴん。 | 2007.01.01 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/4409497

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりひとりの人―僕が撮った精神科病棟:

« 精神科リハビリテーション・ケースブック | トップページ | 全精社協関東ブロック研修会 »