« カスガ先生の答えのない悩み相談室(19) 他 | トップページ | 自殺者割合「20%減らす」 他 »

2007.03.11

「身体ケア技術」向上セミナー 他

20070306_1

3月。

もうじき桜も咲くとか、
咲かないとか。

早い春の訪れ。


そんな今日このごろ。
みなさま、いかがおすごしですか?


久々にたまりにたまったトピックスをご紹介。

”CLIP!CLIP!”

http://mental-healthy.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/pickup_4270.html


以下の気になるトピックスを追加しました。

  • 精神科医療者のための「身体ケア技術」向上セミナー開催される
    医学書院スキルアップセミナー
  • 「命の詩」高らかに 心の叫び音楽家ら共感
    精神科デイケアプログラム「文芸教室」に通う人たちが心の内を表現
  • 「いのちの電話」準備中 4日に準備委発足記念講演会
    滋賀県内で「いのちの電話」の開設に向け、ボランティアたちが準備
  • 二審も不支給認めず 学生無年金障害者訴訟
    成人学生の国民年金加入が任意だった時期
  • 楽しい寄席を通じ障害者と心の交流
    アピエ後援会企画 3日に宮前区で(神奈川県川崎市)
  • 子供の自殺防止へ、教師の研修など提言・文科省検討会
    教師に自殺の知識を習得させる研修を義務付けるなどの提言案
  • 歌声響かせ仲間の輪 京都府内の精神障害者ら、亀岡で集い
    精神障害のある人たちの「文化交流の集い」京都府亀岡市余部町
  • 心込め、母に贈る 精神科デイケア参加者と音楽家共演
    音楽家と共演して詩を朗読する心のステージ「命の詩(うた)」
  • 『自殺は社会全体の課題』
    栃木県、新年度から対策に本腰
  • 働く人のための「心身すこやかネット」構築
    労働者の健康増進を図る福島産業保健推進センター
  • 日本産業カウンセラー協会が山陰事務所開設
    働く人のメンタルヘルスの改善に取り組む日本産業カウンセラー協会
  • イーライリリー社のデュロキセチン
    米国FDA が全般性不安障害治療薬として承認
  • 詩で日々の心情をつづる 共同作業所 中京で作品展
    精神障害を抱えながら働く利用者が感性を発揮
  • 県、独自の相談週間設置へ
    自殺や引きこもり予防で 愛知県議会
  • 職場のメンタルケアなど提言=自殺対策で骨子案-政府検討会
    政府の「自殺総合対策の在り方検討会」
  • 精神障害者の退院支援施設、4月から導入 厚労省
    障害者団体「受け入れ態勢がない地域は多く、長期入院が続く」と反対
  • 精神障害者のバス運賃が半額に
    東京都、東京バス協会、バス運賃割引制度を適用


    アイコトバは、日々邁進。
    ポチッとしていただけると励みになりますぅ。(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
  • |

    « カスガ先生の答えのない悩み相談室(19) 他 | トップページ | 自殺者割合「20%減らす」 他 »

    コメント

    いつもお世話になっています。
    クリップ記事をみてびっくり。東京都だけ手帳に写真添付でバスが半額?なぜ東京だけ?全国統一でそういうふうにして欲しいですね。住んでいる都道府県によっておなじ障害なのに待遇に格差があるのはおかしいと思いました。

    投稿: なんちゃん | 2007.03.13 02:34

    ● なんちゃんさん

    こちらこそいつもお世話になっています。
    お返事が遅くなり、失礼しました。

    神奈川もバスは手帳呈示で半額になりますが、
    この辺、地域格差がかなりあるようですね...
    これって不公平ですよね。

    投稿: がちゃぴん。 | 2007.07.08 20:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111331/5654383

    この記事へのトラックバック一覧です: 「身体ケア技術」向上セミナー 他:

    » なんでそうなる? [鳩ヶ谷雑記]
    がちゃぴんさんのMental Healthy Blogを読んでいたらこんな記事が [続きを読む]

    受信: 2007.03.13 02:29

    » ネット自殺予告、救った命40人 2006年、警察庁まとめ [スーパーサイヤ人]
    ネット自殺予告、救った命40人 2006年、警察庁まとめ 2007年03月15日11時27分 昨年1年間にインターネット上などへ自殺予告を書き込んだことが確認された79人のうち、警察と接続業者の連携で40人が保護に結びついた。警察庁の調査で15日明らかになったもので、自殺を防げなかったのは1人だった。書き込んだ人物は特定できたが行方がつかめず、後に遺体で見つかったという。 警察と接続業者などとの連携は、業界団体が05年10... [続きを読む]

    受信: 2007.03.15 14:20

    » 悩む力 [映画や本を淡々と語る]
    北海道、浦河。海辺の過疎の町に、精神障害者達が共同生活を営む「べてるの家」の事について書いてある本。彼らは、精神障害を負いながら、自分たちでビジネスをしており、興味深いです [続きを読む]

    受信: 2007.03.16 20:47

    « カスガ先生の答えのない悩み相談室(19) 他 | トップページ | 自殺者割合「20%減らす」 他 »