2006.11.12

(15)ACT(上)

Sn370097秋の夜長にコラムでも。


すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。


ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。



・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(15) A C T (上)  (2006年9月30日)

チームで「暮らし」支援 独自のケア体制で入院防ぐ

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


患者の生活の場に出向くアウトリーチ支援が特徴。
24時間365日、携帯電話でスタッフにつながり、「危機対応」もする。


ACT=「包括型地域生活支援プログラム」。

重い精神障害を抱えた人が地域で暮らせるように、
チームでサービスを提供するもの。


「大切なのは形ではなく、『地域で支える』という根っこの考え方。
まず、それを理解していく必要がある」


地域で支えていくシステムが備わっていれば、
これまでは地域で暮らすことが難しかった方たちも暮らせる。

でも、簡単にできることではなくて。
国であったり、県や市町村など、
地域全体で支えることについて理解していく必要がある。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.28

(14)結婚

Wedding秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。

ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(14) 結  婚  (2006年9月26日)

一緒にいて気持ち楽に 自信取り戻し体験発表も

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


結婚ひとつにしても、つきまとう悩みや苦労。


「遺伝」は精神障害者への偏見・差別として根強くある。
身内に精神障害者がいるだけで
縁談に支障が出るという話は今でも聞かれる。


全く以って遺伝が関係ないとは言い切れないけれど。
関係しているのは「素因」・「なりやすさ」。
だから先生は「環境の方が大切」と言っているのです。

うーん。身内、ダメ...?
今でも残っている、そこまでひどい偏見。

そんなこといったらワタシ、
お嫁に行けなくなっちゃうじゃないのー!(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)


「何をしてても苦労はある。それを苦労と思うかどうかです」と、
正樹さんは自分に言い聞かせるように話す。


前向きに生きていこうとする姿勢、とてもステキです。
末永くお幸せに...!


そう。
誰にだって、幸せになる権利はあるよ。

だって。
幸せになるために、生まれてきたのだから。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.27

(13)スローカフェ

20061027_1秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。

ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(13) ス ロ ー カ フ ェ  (2006年9月19日)

自分のペースで回復 仲間と働く居場所つくる

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


「店は一人ひとりが自分のペースで回復していくための居場所。
『もうけ』優先にはできない」と安田さんは言う。

精神関連疾患の推定患者数は全国で258万人と今や50人に1人の割合。
誰もが気軽に立ち寄れる居場所が地域の中に求められている。


自分のペース。

仲間との支えあい。

障害者、健常者など関係なく
誰もが気軽に立ち寄れる居場所。


とても大切なもの。


たけど、厳しい運営。
さらに厳しさに追い討ちをかける自立支援法。

ニーズにこたえていく難しさ。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.26

(12)サポーター

Sn320299秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。

ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(12) サ ポ ー タ ー  (2006年9月16日)

支え合う“当事者”たち サービスの受け手が担い手に

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


「同じ病気を抱えた人同士だからこその深い共感があるようです」

籔内さんは、少しうらやむように言う。
「僕らが行くより相手がいい表情をしますからね」


同じ痛みを味わっているから、わかること。

同じ痛みを味わっているから、安心する。


できるだけ共感したいという思いで寄り添うけれど、
マネしたくてもできない部分がある。

ちょっとうらやましい。

その気持ち、とっても良くわかるなぁ。


互いに支え合う当事者たちの姿に、
“健常者”である同福祉会のスタッフも考えさせられた。

「今までは何かをしてあげなきゃという気持ちで臨んでいた。
上から見ていた」と籔内さん。
「僕たちは当事者の力を信じて、
そっと手助けする黒子じゃないといけない」


ついつい当事者主体からそれてしまいがち。
本来、黒子役でないといけない。

悪いところに目を向けがちになるのも悪い癖。

料理が上手、片付け上手、歌が上手、陶芸が上手、絵が上手...
得なものを持っている方はたくさん。

良いところに着目していって、
すばらしい力を生かせる場をつくることが大切。


エンパワーメント。

力を信じること。


援助者として、とても大切な視点。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.20

(11)語り部

Sn370078_1秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。

ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(11) 語 り 部  (2006年9月12日)

「個人」を見て接してほしい 自分の言葉で体験話す

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

「でも今も病気の現実を自分で受け入れられていない」と鈴木さん。
失った自信を一人で取り戻すのは難しい。
「理想とはほど遠い自分を『そのままでいい』と
受け止めてくれる人間関係が大切」と訴えた。


病気を受け入れることの難しさ。
自信を取り戻すことの難しさ。

難しさをたくさん抱えた、傷ついた心。

受け止めることが必要。


「『そう変なこと言ってないよ』と示したかった」。
精神障害者というフィルターを通すのではなく、
「吉沢毅」という個人を見て接してほしい。
そのために「まず自分が“踏み絵”を踏んだ」と吉沢さんは振り返る。


”精神障害者”という大きな枠ではなく、
”個人”として、
”ひとりの人間”として。

そう見ることが
偏見をなくすための近道。


社会の偏見をなくし、当事者本位の医療や福祉を実現する。
当たり前で最も難しい問題に、当事者が挑み始めている。


自ら挑み始めた、とてもすばらしい試み。

当事者だから、意味がある。
届く。響く。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.19

(10)ネットワーク

Cat4秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。

ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(10) ネ ッ ト ワ ー ク  (2006年9月5日)

「回転ドア」防ぐ体制を 当事者や家族の孤立なくせ

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


「できることならこのまま施設にいてほしい」

こういったケースは決して少なくない。
そう思うに至った経緯があって。

家族には家族の不安がある。
その不安を拭うために、必要なもの。

相談できる存在。
頼れる存在。
支えられているという実感。


それを担うのが、ネットワーク。

みんなで協力して、支えていくこと。
孤立を防ぐこと。


本人にも。
家族にも。

「ひとりじゃない」ということが
大切なこと。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

(9)共感

Cat2秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。

ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(9) 共  感  (2006年9月2日)

「誰もがなる可能性」 地道な交流で薄まる境界

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


地域との交流。
とてもステキな試み。


交流が始まるまで、病院と地域の間には見えない「壁」があった。

今ではだいぶ変わってきているけれど、
古い病院などは鉄格子があったり、物々しい雰囲気があって。

確かに近寄りがたい存在と思うのも、わからなくはない。


「話しかけられたら、どう答えよう」。そんな不安もあった。
しかし、実際にかかわってみると、特別危険な人はいない。
どこにでもいる陽気なおじさんがいて、「どこが病気なの?」とも思った。


そう。
「こわい」と思っている人ほど実際にかかわってほしい。

陽気な人、おとなしい人、まじめな人...十人十色。
病気であろうが、なかろうが、何も変わらない。


逆にね、病気の方と関わって思うこと。

この世の中、汚れたものを容認しながら割り切って生きている、
または気づかずに生きている、染まってしまった我々の方が
ココロが汚れてしまっているなぁ...って。


「私だって、私の身内にだって…。誰もがなる可能性があるんだから、
差別したり排除したりするわけにはいかんわ」


このように理解してくれる人が生まれる。
地域での交流の大切さ。


「ひまわりの人たちがお願いしているのは特別なことじゃなくて、
普通の人と同じように接してくれということ。
『差別するな』と声高に叫ぶより、地道な交流を積み重ねて、
ありのままの彼らを知ってもらうことがまず大切じゃないかな」


そう。
特別なことじゃない。

普通に接してくれれば、
それでいいの。


大きなくくりで見るのではなくて。

「ひとりのひと」として見てくれれば、
それでいいの。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.14

(8)交流

Cat5秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。


ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(8) 交  流  (2006年8月29日)

サロン通じ理解拡大 最初はみんな一歩引いた

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


厚生労働省の
「精神障害者の偏見除去等に関する研究」(2001~03年度)。
全国の精神科病院とグループホーム(計820カ所)にアンケートした。

病院の建築計画などで周辺住民から反対や抗議など
「明確に抵抗があった」と答えたのは34%。
場所の変更や計画の見直しなど具体的に支障を来した例も16%に上った。

グループホームでも28%で周囲の反対に遭遇。
「開設にあたり、子どもの通学路の通行禁止やトラブルが起きた時の
賠償の念書を交わすといった無理難題を要求されるケースもあった」と
アンケートをとりまとめた青南病院(青森県八戸市)の千葉潜院長は言う。


精神障害者の施設と周辺住民との関係の難しさ。
根強い偏見。

マスコミやうわさなど偏見を助長するものは多く、
憶測だけが独り歩きしているこの世の中。

それもしょうがない。


だが、サロンで一人ひとりと接する中で、印象は180度変わった。
「私たちの中には、ずるさや怠け心、いじわるさとか、いろいろあるでしょ。
でも彼らはとてもまじめで、うそもつけないし、何事にも一生懸命。
お世辞じゃなく心を打たれるんですよ」


交流を重ねることで、増える理解者。
説明するだけではなかなか伝わらない。

やっぱり、「わからない」から、こわい。

わかってもらう近道は
実際に会って、話して、接すること。


地道でもいい。

ふれあいを通じて。


わかってほしい。

気づいてほしい。


お互いの、これからのために。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.13

(7)脱却

Sn370022 秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。


ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(7) 脱  却  (2006年8月22日)

「収容」から「治療」に “非効率”な医療への支援模索

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


訪問看護。
地域での生活には必要なもの。

だけれど、”非効率”。


「“非効率”な地域に出ていくには経済的な裏付けがなければ、
熱意でやれる範囲にとどまる。
精神科のあり方を社会全体で考えてもらえればいいのだが…」


精神科のあり方。
こんなところにもある壁。


「初めに数字ありき」「経済論理優先」。
改革に批判もあるが、精神科病院が「収容」から「治療」の場への脱却を
迫られているのは間違いない。

病院ごとに「温度差」があると言われる社会復帰への取り組み。
枠組みを整えなければ、改革のはざまで行き場を失う患者にしわ寄せが来る。


精神科の難しさ。

”「収容」から「治療」の場への脱却”への取り組みに
歯止めをかけている。

それでも。

しわ寄せがこないよう、
少しでも努力していかなければいけない。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.11

(6)コミュニティー

Sn370019秋の夜長にコラムでも。

すばらしいコラムをみつけたので
みなさまにもご紹介。


ひとりでも多くの方に
何か感じていただけますように。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆

山陽新聞
この町に生きる -精神障害者 病院から地域へ

(6) コ ミ ュ ニ テ ィ ー  (2006年8月19日)

社会復帰へ「説明会」 病気理解に欠かせぬ対話

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆


精神科病院が患者を退院させる際、住民に説明するのは珍しくない。
かわった言動や行動は住民の間にさまざまな憶測や不安を生む。
病気を正しく理解してもらう努力は必要だ。

「家に帰りたい」というご本人の希望を実現させるために、
住民に説明する病院スタッフと保健師たち。



どうしても納得してもらえなかったら
「病院が責任を持ちます」と言うこともある。


「でも、それを言ってしまうと後味が悪い」と日笠院長。
「一方的に患者を悪者にすることを認めて、
強者と弱者という関係をつくってしまう」


認めたくないが、認めなければ前に進まない。そんなジレンマがにじむ。


受け入れてもらえないという、現実。

「わからない」から、こわい。

そう思われてしまうのは、
ある意味しょうがないことなのかもしれない。


でも、それなら。

「わからない」ことを「わかる」ように。
働きかけていかなければ。


そして、いつか。

「知る努力」をしてもらえる、
そんな日を夢見て。


いつか、きっと。


へなちょこがちゃぴん。に愛の手を...!
ポチッとしていただけると励まされますぅ(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧